【はりねずみ日記10】いざ、病院へ!! ~はりも 元気がない、体温が低い!!~

はりも カゴの中

回し車に乗らない2日目、エサも食べていない、トイレもしていない!!!

昨日は様子を見る……といったものの、今朝起きてみたら、「夜はりもが外に出た様子が全くない!!」こんなことは初めてでした。エサに全く口をつけていないことなんてあったかな?

【はりねずみ日記9】心配。冬だから? 回し車に乗っていない……かも。

2018.12.18

普段のはりもは、寝袋をすこーしだけあげると、「ん?」みたいな感じで顔をちらっと出すのですが、プルプル震えるもののほぼ無反応。かなり心配になって寝袋から出してみると、明らかにいつもより体温が低い!!足もひんやりしている。

そして、なんだか元気なさそうにこっちを見て小さ~く「スピスピ~ッ」と鳴いているではありませんか。こんな声は聞いたことがありませんでした。エサを出してみましたが、食べません。

「これは、様子見なんていってられない!今日すぐ病院に行こう!」と決心。平日は車がないので、はりもをお出かけ用のバッグに入れてカイロをセットし、タクシーで病院まで急ぎました。


回復!? お出かけ用バッグの中で暴れるはりも。診察台でも大暴れ。

カイロをセットしたお出かけ用バッグの中で、最初は大人しかったのですが、だんだん暴れ出したはりもそう、いつもこのバッグの中に入れると暴れるのです。でも、さっきまでぐったりだったはりもが動き回っているので、ちょっと安心しました。でも、しっかりと病院で診てもらわねば。

そして、はりねずみ専門医のいる病院に到着。診察台の上でもはりもは大暴れ。「あれ?元気ないのはなんだったんだ?」

獣医師さんの問診に答え、体調チェックをしてもらいました。その時は朝より明らかにはりもの体温が上がっていました。

チェック項目と結果

①出ていなかった尿と便は暴れているうちに出て、通常便で血尿なし。

②手足やお腹・針など触診で異常なし。

③ふらつきなし、歩き方問題なし。

④前歯1本欠損、見たところ腫れはなし。※これちょっとショックでした

⑤エサをあげたらガツガツ食べて異常なし

⑥獣医師さんに「ケージ内の設定温度は何度?」と聞かれ、「26度~27度」と答える。←ここで待ったがかかる

先生:「冬は27度を切るとちょっとキツイかもしれませんね。サーモで温度設定した上で、温度計でその温度を指していても、場所によってもっと低いこともあります。飼い主さんが寝ている夜中はもう少し下がっている可能性もあります。冬は基本暖突で上から暖め、ケージ内温度は28度ぐらいにしましょう。」

暖突×サーモで暖めてはいるものの、設定温度が低かったか……。他にケージの写真や、ケージ内の配置の写真を求められたので、それを見せました。

先生のご意見:「ケージ内に“暖かい場所”と“普通の場所”を作り、はりねずみ自身に居場所を決めさせましょう」

でした。というわけで、やはり下から暖めるヒーターも用意しておいたほうが良いとのことでした。


一応元気になったので経過観察

先生:「カイロで暖めて元気にはなったので、このまま様子を見ましょう。これでまた調子が悪くなるようだったら、また連れてきてください。その時は眠らせて口内をもっとしっかりとチェックし、虫歯治療。そして全身エコー(レントゲン?)を撮りましょう。」

そして、

先生:「そういえば、二日ほど前24度ぐらいの室内にいたはりねずみちゃんが冬眠寸前になり、運ばれてきましたよ思っている以上に寒さに弱いので、気をつけてくださいね。寒いときは動きも鈍ります。回し車に乗らないのはそこまで気にしなくてもいいですが、大切なのは尿と便と食欲。そしてふらつきがないか。そこはしっかりとチェックしてくださいね。

先生、ありがとうございました!!

はりねずみのリバーシブルヒーター買いました。

とりあえず、帰宅してからのはりもは元気です!顔色が違います。先ほどはりもの部屋をのぞいてみると、ケージ内をちょこちょこ歩き回っていました。

明日以降もしっかりと様子を見ていきたいと思います。また報告いたします~。

【はりねずみ日記11】はりも復活 元気です!回し車もブイブイ乗ってます!

2018.12.21



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です